×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シミ取り・しみ取り対策|シミ解消法

シミ取り対策やシミ解消法の紹介

シミ取り・しみ取り対策

シミの種類

シミ対策をするためには、シミの種類を知ってから
それぞれのシミに対して最良の方法を選びましょう。

シミにはどのような種類があるのでしょう。

@雀卵斑(じゃくらんはん)
一般的に言う、そばかすの事です。
小さな斑点が鼻を中心に散らばったように出きます。
両親からの遺伝によるものが強く、子供のうちからできます。

A肝斑(かんぱん)
日本人の皮膚はこの肝斑ができやすく、皮膚の色が浅黒い人ほどできやすいといわれています。
両頬や額、下顎、上口唇(鼻の下)に左右対称に現れます。
30〜40歳以上の女性たちに多く見られ更年期、ピル内服中など多く報告されています。
妊娠、出産時期にも多くみられます。
両頬や額、下顎、上口唇(鼻の下)に左右対称に現れます。
女性ホルモンや紫外線やストレスに起因するといわれています。

B老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)
長い間の紫外線が原因となってできるシミのことで、男女共に見られます。
そばかす状の小さい色素斑が多発する小斑型と、大型の色素斑が単発または数個散発する大型斑とがあります。
30歳過ぎから見られ始め、50歳位で顕著になってくることが多いです。
特にできやすい部分は、頬骨など紫外線の当たりやすい部分です。
紫外線をなるべく浴びないようにすることが大切です。
スポンサードリンク

シミ取り シミ解消 レーザーシミ取り

シミ取り・しみ取り対策


映画賞